ブライダルエステで輝く花嫁さんになろう

WeddingBeautyTreatmentへようこそ

ネイル選び

ネイルの種類

ブライダルネイルをはじめる前に、自分の生活スタイルと爪の状態に合わせて、自爪にするか人工爪にするかを決めておきましょう。
では、ネイルの種類のご紹介をします。

自爪

自分の爪に直接マニキュアを塗り、デザインしていきます。その際、ある程度長さがある、指が細長くスッとした綺麗な印象になります。挙式前に少し伸ばしておくと良いでしょう。
また、地爪に直接塗りますので、自爪が健康で丈夫な人に適しております。

チップ

チップとはつけ爪のことです。あらかじめデザインされたチップを専用のボンドや接着テープなどで爪に装着します。脱着が簡単に出来ますので、仕事や挙式後にすぐハネムーンに行く場合など、すぐにネイルをはずさなくてはいけないときに使用すると良いでしょう。

スカルプチュア

地爪にアクリル素材で人工爪の形成する技法です。長さや形を自由に調節できて、アートの持ちも良いです。二枚爪の人や爪の伸ばせない人に向いております。しかし、直しは取り外すときはサロンで行うことになります。

ジェルネイル

地爪にジェルをのせ、UVライトで硬化させる技法です。抜群のツヤとカラーの持ちがよいことと、爪への負担が少ないことで最近人気があります。爪の強度をアップしてくれるので、爪の弱い方や薄い肩、自爪ではカラーが剥げ易い方にむいてます。
また、乾きがとても早いので長時間待つ必要がなく、透明度も高く、柔軟性もあり折れにくい特徴があります。また、アクリルに比べて匂いも気になりません。

ブライダルネイルアートの種類

3Dネイル

半立体(エンボス状)のデザインで、お花やリボンなどのデザインが人気です。ドレスやブーケなどと組合わせてデザインをしていくと、雰囲気が出てとても素敵です。また、最近では3Dのお花の中心としてダイヤモンドやカラーストーンなどを付けるのが流行っております。

フレンチネイル

ベースカラーをピンクにして爪先部分だけがホワイトのツートンカラーのネイルです。フレンチネイルでも、シンプルで綺麗なのですが、最近では、色の配色を変えたりし、ラメや3Dの花やリボンのアートを足したりするなど、他のアートとプラスして華やかで上品な装いが人気です。

ストーンネイル

カラーがとても豊富で、またバリエーションも多種多様です。ダイヤモンドやサファイアなどの本物の貴石が人気なのですが、やっぱり一番の人気はダイヤモンドですね。ジュエリーデザインのように、爪を彩られる輝きには最高の日を迎えられます。

 

Favorite

2015/7/2 更新

ブライダルエステの「WBT」
Copyright(c) WeddingBratyTreatment AllrightReserved.